カウンター 忍者ブログ

やまだのDDONブログ

DDONにおいて、大盾をメインに扱うクランH-Sに所属するやまだです。 日々の活動記録や、おもしろい検証などを随時あげていきたいと思います。

シールドセージの状態異常、凍結と石化の両立

やまだですまーん!!

ということで今回はバーション2.0にアップデートされて
追加されたストーンライト(石化)について書いていこうと思います。

まず石化とはなんぞやというヒト向けに、

石化ははっきり言って凍結とまったく同じといって過言ではありません。

凍結は相手の動きを止めるとともに、ダメージを引き上げます。
また、

スタミナを削りきり、
【よろよろしてから実際のダウン】

これがダウン時間となるわけですが...........

凍結はなんと、ダウン時間ぎりぎりいっぱいで掛けることによって
ダウン+凍結時間とダウンを長く維持することができます。

なのでダウン時間の感覚を掴み、起き上がる直前に凍結を掛けることこそ
シールドセージ1番の見せ場となるわけです。

そんなシールドセージさんが今回、
前まではクレストでしかできなかった石化をできるようになりました。

そこで
ダウン+凍結ができるのだから

ダウン+石化もできるわけです。

では、ダウン+凍結+石化はできるの??

ダウン+凍結+石化+凍結はできるの??
ってなことになると思います。

今回いろいろ試したところ
まず、
ダウン+凍結+石化

これは余裕でできました、
石化先行もまたしかりです。

では
ダウン+凍結+石化+凍結
はいけるのか?

結論からいくと相手次第といったとこでしょうか

凍結耐性が高いと凍結前に石化が溶けてしまいます。

後ろのエレアチャさんに頑張ってもらうしかないのかもしれません。
凍結先行で掛けている理由は、自分以外の氷凍結クレでしたり、エレアチャでしたり、
凍結のお手伝いさんが多いからです。

また、最後の凍結2回がけをするには、
石化を事前にギリギリいっぱい貯めておく、
氷襲、後ろの支援、フォースアンカー等が必要になってくると思います。

また、石化から凍結に関してはうまく繋がらない時があるようなきがします。

皆さんも敵さんびっくり状態異常ライフ、送ってみてはいかがかな!?
PR

コメント

プロフィール

HN:
Naruruna YAMADA
性別:
非公開